車は購入後にも維持費がかかることを載せています。

車は購入後にも維持費がかかる

維持費

車は購入するだけでも金額が大きいですが、購入後に車を維持するだけでもお金が掛かって大変です。

 

では具体的には維持費とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

車は納車してから費用がすぐにかかkるようになってしまいます。具体的には毎月の車のローンの返済額が40000円で駐車場代が月に10000円なら、毎月の支払いは50000円になります。

 

またその他にもガソリン代洗車用具一式を購入したり、買ってからのほうが結構お金がかかるという現実があります。

 

他にもメンテナンス費用などもかかるようになります。

メンテナンス費用はどれくらいかかるの?

維持費

車の維持費には月々のローンや駐車場以外にも多数の費用がかかります。

 

メンテナンスの場合で具体例をあげると、1ヶ月に1000km走る計算だと5ヶ月で5000kmとエンジンオイルの交換が必要になります。

 

年間の走行距離が1万2000kmになるとエンジンオイルの交換は年に2回になります。さらにエレメントの交換の部品代などもかかるようになります。

 

年があけて5月になってくると自動車税の納税と、色々な出費が待っています。

 

こうして考えると不景気になったときに車を手放す人が多いのは納得ができます。

 

ただ車が好きな人の場合だとメンテナンスなどを自分で行うことによって出費を最小限に抑えることも可能になります。

 

車をできるだけ高く売却するなら下記が参考になります。

 

車査定の方法についてはトップページからどうぞ